機能一覧

EasyMailの主な機能を紹介します。詳細な操作方法などはヘルプページを併せてご確認ください。

フォーム作成

フォームテーマ デザインテーマを選択し、テーマの編集画面よりHTMLコードを編集することで自由なデザインを構築することが可能です。
CSS・Javascriptなどのを自由に編集が可能です。
フォームの作成 無制限にフォームを作ることができます。
フォームの複製(コピー) 既存のフォームを複製して新フォームを作成することができます。 同じような項目のフォームなら複製機能を使えば手間が省けます。
プリセット よく使われるお問い合わせフォームのひな型をプリセットしています。
パーマリンク フォームのパーマリンク(フォルダ名)を任意で設定できます。
表示・非表示 フォーム自体の表示・非表示を行えます。使わなくなったフォームやテンプレート的に保管しておく場合に使います。
確認画面 送信前の入力内容確認画面を表示でき、そのヘッダー・フッター文を設定することができます。 例:以下の内容でよろしければ「送信」ボタンを押してください。
エラー時 入力ミスなどエラーが発生した時のヘッダー・フッター文を設定することができます。
最終画面 最終画面のメッセージを設定できます。「ありがとうございました。」のようなお礼文を設定します。
言語 フォームの言語(日本語・英語・中国語)を設定できます。
表示順 表示する位置(順番)を簡単にドラッグ&ドロップで変更できます。
ページタイトル ページのタイトルいわゆる<title>を設定できます。
メタディスクリプション ページの説明文いわゆる<meta name=”description”>(メタタグのディスクリプション)を設定できます。
属性の変更 inputタグの「name属性」「id属性」「class属性」が任意の命名で設定でき、CSSやJSに利用することが可能。
フィールド説明文の挿入 フィールド(テキストボックスなど)の上下にテキスト文字を設定することができ、説明文として表示することができます。(HTML可能)
フォームの種類 標準で搭載されているフォームの種類は、
「1行テキスト」「複数行テキスト」「セレクトボックス」「ラジオボタン」「チェックボックス」
「ファイル添付」「住所補完郵便番号テキストボックス」「姓名2つのテキストボックス」
「日・月・時テキストボックス」
必須入力 項目ごとに必須項目か任意項目かを設定できます。
テキスト 全角カタカナ、ひらがな、半角文字、半角英数を混在、メールアドレス形式、電話番号形式、郵便番号形式、URL形式など、入力制限を持たせることが可能。
その他、入力禁止文字、入力文字数制限、初期値、Placeholderが設定できます。

EFO(入力フォーム最適化)

再入力機能 2つのテキストエリアを使って同じ内容を入力させるように促す機能です。
メールアドレスを確認のためもう一度入力してもらう場合などに使います。
住所自動入力 郵便番号を入力するだけで住所を自動的に補完入力します。ユーザーが住所を入力する手間を減らすことができます。
ファイル添付の選択アシスト フォームに画像やPDF、動画などの様々なファイル添付を行う際、設定したファイルの拡張子だけがPC上で表示されるようになり、
ユーザーはファイルを選択しやすくなります。
日付をカレンダーから入力 日付を記入方式でテキスト入力させるのではなく、カレンダー形式にして日付を選んで入力させる機能です。日付のフォーマットを統一し入力ミスをなくします。
時刻を時刻セレクトから入力 時刻・時間を記入方式でテキスト入力させるのではなく、00:00のようなスロット形式にして時間と分を選んで入力させる機能です。時刻のフォーマットを統一し入力ミスをなくします。
入力例の記載 Placeholderという機能を使って、入力欄にあらかじめ入力する例を入れておくことができます。
入力中の項目の色が変わる 入力欄の背景色が変わることで、いま入力している項目がどこなのか一目でわかります。
スパム対策 Google reCaptchaを使ってbotによる不正なスパム送信を防止します。
離脱防止アラート フォーム画面から送信以外のアクションでページを閉じたり、別のページに移動したりする(離脱する)際にアラートを出します。
エンターキーでの誤送信防止 フォームの入力中に誤ってエンターキーを押しても送信されません。
リアルタイムバリデーション フォームの項目を入力する際に、必須項目に入力漏れがないか、または入力内容が正しいかをリアルタイムでチェックしアラートを表示する機能
フリガナ自動補完 漢字で名前を入力すると、自動で「フリガナ」(「ふりがな」もOK)を入力してくれる機能です。

メール

通知 ユーザーに自動返信するか否か設定が可能です。 メールの本文にフォームの項目をセキュリティ上含めないようにすることも可能です
管理者メール 管理者のメールアドレス以外にもCC/BCCで複数のメールアドレスを設定することも可能。
メール件名 メールの件名(Subject)を自由に設定できます。※特殊タグを設定できます。
メール文 自動返信で送られてくるメールのヘッダー(文頭)フッター(文末)を自由に設定することができます。
※特殊タグを設定できます。
特殊タグ #*****#のような形式のタグを任意の場所に挿入することで、文字が自動的に置換されます。
例えば#YYYY#を挿入すると、自動的に西暦の[2021]と変換されます。
【主な特殊タグ】
■日時タグ:西暦#YYYY#,2桁の月#YY#,2桁の日#MM#,漢字の曜日#KWE#,英語の曜日#AWE#,2桁の時間#HH#,2桁の分#MI#,2桁の秒#SS#
■送信元タグ
IPアドレス#IP#,ホスト#HOST#,ユーザーエージェント#UA#
■回答タグ
編集画面上で表示されている回答タグのみ設定可能です。
※回答タグは「メールの件名」「最終画面のお礼文」に設定することも可能です。

データー管理

受信履歴 ユーザーに自動返信するか否か設定が可能です。 メールの本文にフォームの項目をセキュリティ上含めないようにすることも可能です。
CSVダウンロード フォームから入力された情報を、受信履歴画面からCSVファイルを一括でエクスポートすることができます。
添付ファイルダウンロード フォームから入力された添付ファイルを、確認・ダウンロードすることができます。

セキュリティ

不正入力 Google reCaptcha により不正な投稿を防ぎます。
IP・ホスト拒否 設定したIPアドレスやホスト名で送信を防ぎます。
SSL/TLS SSL/TLSに対応
ログインパスワード 管理画面ログインパスワードを強固なパスワードとして自動生成し保存することができます。

その他

スマートフォン・タブレット対応 レスポンシブ化されており、スマホ・タブレットに最適化されます。 ガラケー(フィーチャーフォン)には対応していません。
ドメイン ご自身のサーバーで利用できるため、保有しているドメインで運用が可能です。

プラグイン

フォームのパスワード制限 名称:PasswordForm パスワードによるフォーム閲覧制限をかけることができます。
フォームの公開期間設定 名称:PublicPeriod 公開開始日と公開終了日を入力し、フォームの公開期間を限定できます。
アクセス解析 名称:GoogleAnalytics Google Analyticsを簡単にフォームに追加することができます。
フォーム区切り 名称:BlockEditor フォームの項目と項目の間を区切ることができ、その位置に文章や画像など挿入することができます。HTMLも可能。
受付番号自動割り当て 名称:ReceptionNumber 「受付番号:00001」のようにメールデーターに自動で連番が割り当てられ、メールの本文および、受信データに保存されます。
申込数上限設定 名称:ReceptionRestrictions 申込み件数の上限を設定したり、受付期限を設定できたり、申込をキャンセルすることができます。

あなたのサイトでEasyMailを
活用してください。

高機能で無料のメールフォーム「EasyMail」を
ぜひお試しください!