SPAM防止に役立つGoogle reCaptchaを導入しました。

2020年12月21日

EasyMailは無料で使えるオープンソースソフトウェアのPHPメールフォームです。
巷にあるフリーのメールフォームを設置したら迷惑メールが送られてきた、営業メール増えた、などお困りの方も多いかと思います。

そのお声に応えるべくEasyMailにもGoogle reCaptchaを導入いたしました。

■reCAPTCHAのイメージ(version3)

google reCaptcha v3

ver.2.00.068より設置できるようになりました。
最新版をダウンロードしてください!

ダウンロードはこちら
https://www.mubag.com/download/

 

Google reCaptchaについての説明はこちらをご覧ください。(外部サイト)
「reCAPTCHA」って?スパム対策に効果的なreCAPTCHAをフォームに入れてみた
GoogleのreCAPTCHA v3をPHPで導入する

 

Google reCaptchaの導入手順

詳しい解説はこちらのヘルプページからでもどうぞ
https://www.mubag.com/help/recaptcha_info/

1.Google reCaptchaを利用するには、まずGoogle reCaptchaのサイトキーとシークレットキーを取得する必要があります。
キーを取得するには、https://www.google.com/recaptcha/aboutの画面から「Admin Console」をクリックします。
「新しいサイトを登録する」の画面が表示されます。

ラベルに任意のテキストを入力します。ドメイン名などにしておくと後でわかりやすいでしょう。
利用するドメインを入力し、reCAPTCHAタイプはV3を選択してください。

「reCAPTCHA利用条件に同意する」にチェックを入れ、「送信」をクリックすると登録が完了します。
送信されたサイトの「設定」をクリックすると、登録情報が確認できます。
設定画面で「reCAPTCHAのキー」をクリックすると、サイトキーとシークレットキーを確認することができます。

 

2.EasyMailの管理画面を表示し、フォーム作成(もしくは編集)から

Google reCaptcha Site key(サイトキー)

Google reCaptcha Secret key(シークレットキー)

の欄に1.で取得できた、それぞれのキーをペーストしフォームを保存します。

 

3.フォームを表示して、右下にGoogle reCaptchaのマークが表示されていれば設置完了です。

詳しい解説はこちらのヘルプページからでもどうぞ
https://www.mubag.com/help/recaptcha_info/

 

 

あなたのサイトでEasyMailを
活用してください。

多機能で便利なEasyMailを
ぜひお試しください!